【SAT対策 受験マニュアル】SAT Reading, Writing & Language 試験概要を徹底解説

sat004

SAT試験英語では読解力を試されるReadingテストと、文章の内容を確認して間違いを修正するWriting and Languageテストがあります。Readingテストは一般的な英語の読解力テストと同じように、与えられた文章に関してその内容に関する質問に答えるもので、内容を正しく理解しその意味を正確に回答することが求められるものとなっていますが、Writing and LanguageテストはSAT試験独自のものであり、文章を読み解く力とともにその文章の誤りを探し正しい文章に置き換えることができる力を試すものとなっています。
そのため、文章を読む力だけではなく、その文章の出典を理解し、同時にその内容を正しく理解していることが必要となるものです。

この記事ではSAT試験の英語の特徴を詳しく解説していきます。

SATの公式HPはこちら
【AD】英語学校アルプロス

SAT Reading と Writing & Language

Readingテストでは、英語の読解力だけではなく、歴史や社会学、科学についての内容が扱われており、これらに関する知識がないと最も適した表現を選ぶことができない場合が多いため、英語の読解力だけではなくこれらに関する様々な知識を得ていることが必要です。
また、基礎的な英語の文法に関する出題がされることもあります。文章の構造やピリオドの位置などを訂正する質問がされることもあり、これらが直接的ではなく様々な表現方法の訂正の中で出題されることがあるため、その表現方法や適切な言い回しの中で基礎的な文法を理解していることが正しい回答を導くために必要となります。

Writing and Languageテストでは様々なアメリカの古典や一般的な小説などの一部がテーマとして出題されるものとなりますが、その文章の中に誤りがあったり、もしくは本来その部分では書かれていない誤った内容が書かれています。試験のポイントはこの内容を見つけて指摘するとともに、正しい内容に置き換えることが必要となります。そのため文章の内容をしっかりと正確に把握することが必要になります。

Writing and Languageテストでは様々なテーマで問題が出題されており、それは英語の表現をその場に適したものとして利用できる力をチェックすることにつながります。例えば根拠の提示を見る問題では、提示された文章の内容を最も端的に表現している文章を選んだり、もしくは最適な表現を示したりする質問が出されることが少なくありません。この場合には単に意味が一致していると言うだけではなく、文脈の中で最適な表現となっているものを選ぶことが必要になることから、文章の様々な特徴を理解してこれに一致したものを選ばなければならないと言う特徴があります。


最後に・・・
SAT Reading, Writing & Languageはアメリカの主に高校生が受験する共通試験ですので、一般の日本の学生にはかなり難易度が高いものになります。読解の内容もアメリカならではのものもあり、高い英語力に加えて幅広い知識も必要になります。問題量に対して与えられる時間も短いため、練習問題や模擬試験などで試験慣れしておく必要もあるでしょう。

[AD] SAT対策におすすめの英語学校、塾・予備校紹介

国内でSAT対策を本格的に行っている英語学校、塾・予備校は多くありません。
ここではSATを専門的に指導できる講師が在籍し、過去に指導実績のあるおすすめの英語学校、塾・予備校をご紹介していますので、スクール選びの参考にしていただければと思います。
なお、他にもSATを専門的に指導している英語学校、塾・予備校はいくつかありますが、この紹介記事では編集者が直接見聞きした事のある英語学校、塾・予備校だけをご紹介していますのでご了承ください。
英語学校アルプロス

アルプロス(通学・オンライン)

アルプロスは東京都新宿区にある英語学校で、中高生から一般社会人まで、海外進学やビジネスに必要な英語指導を10年以上行っています。
資格試験対策、現地で必要になるアカデミック英語対策、ビジネス英語対策など、様々なニーズにこたえられる幅広いプログラムでと質の高い講師陣を揃えているのが特徴です。
殆どのプログラムで無料体験授業が受けられますので、申込をする前にしっかりと内容を確認してから受講を決める事ができるのも安心です。
学校名英語学校アルプロス
住所東京都新宿区西新宿1丁目12番1号高倉第一ビル5階
アクセス東京(新宿)・新宿駅西口より徒歩2分
・プログラム詳細
プログラム名SAT対策プログラム
授業形式通学、オンライン
授業スタイルプライベート(1体1のマンツーマン)
入学金33,000円(税込)
受講料13,750円(1レッスン50分、税込)※
体験レッスン 有り(無料・要予約)
※プライベートレッスンの受講料は対策する内容により異なる場合があります。
THE MASTER KEY BOOT CAMP

THE MASTER KEY BOOT CAMP for SAT (オンライン)

SATの本試験日にあわせておよそ1ヵ月にわたって15日間72時間の短期集中カリキュラムで行われるオンラインブートキャンプです。
カリキュラムの開発と授業を担当するのは、東京で日本人学生に16年以上の指導経験を持つテスト対策の専門家Hugh Hung Vo氏。
試験当日に最高の結果が得られるよう、他のブートキャンプでは扱われないような効果的な解法と質問パターンに強く焦点をあて、ハードな練習を行います。
学校名 THE MASTER KEY BOOT CAMP
・プログラム詳細
プログラム名THE MASTER KEY BOOT CAMP for SAT
授業形式オンライン
授業スタイルグループ
授業時間ライブ授業:64時間
模試の回数10回
登録料11,000円(税込)
受講料85,000円(税込)
【AD】英語学校アルプロス
【AD】THE MASTER BOOT CAMP
目次
閉じる